一生ご飯を美味しく食べるためのこと

食事の後のうがいにも意味がある

歯磨きの他にできること

研磨剤の入った歯磨き粉を使うと歯はどうなるかわかりますか?
歯を白くしようと研磨剤が歯を削るんです。
歯のエナメルが削れてしまったところに柑橘類なんかを食べると歯は弱ってしまうそうですよ。
それはこまりますね。
なのでうがいをするのがいいそうです。

水でもいいからうがいをすれば歯にダメージを与える物質が洗い流されるんですね。
寝る前はあまり刺激がない方がいいなという人もいらっしゃると思います。
刺激の少ないマウスウォッシュというのはあまりみかけませんからね。
手っ取り早いところで水なんです。

歯磨きをして終わったらそのままうがいをすればいいだけです。
簡単ですね。
これをやることでああ他の歯の寿命はだいぶのびるはずです。

殺菌力はマウスウォッシュ

マウスウォッシュでもいいという方はマウスウォッシュをおすすめします。
マウスウォッシュは多少刺激が強いものが一般的ですね。
それでもいいというなら殺菌力はマウスウォッシュの方が段違いに高いそうです。 
殺菌力を高めることにより口の中の清潔を保つんです。
歯磨きが終わったらうがいと同様に数秒口の中で転がせばいいだけですから、簡単です。
また、塩水でのうがいも効果的なんだそうです。

歳を重ねて自分の歯ではご飯が食べられない時はきっと悲しいでしょう。
軽視しがちな「歯」ですが、実はとても重要です。
食べることは生きることです。
死ぬときまで美味しくご飯を食べるために今できることをしておきたいですね。
毎日の積み重ねが大事です。


この記事をシェアする