一生ご飯を美味しく食べるためのこと

老後も美味しくご飯を食べよう

お口のトラブルでしり込みしてしまいがち?

歯磨きが十分ではなくて、むし歯や歯肉炎になってしまう方が多いと思います。
痛いのは、嫌ですから、歯医者さんに行きますよね。
歯医者さんでドリルでけずられてかぶせ物をされて一安心してしまうと思います。

ですが、歯は再生しないのです。
ドリルで削られたらその分はもう戻ってこないのです。
では、どうしたらよいのでしょうか?
こう聞くと歯医者さんに行くのは良くないことだと思ってしまうかもしれません。
確かにドリルの音が怖くて歯医者さんに行くが嫌だという人もいるでしょう。

でも、歯医者さんは大事なんです。
口の中に残った悪いものは治療しないとどんどん増殖してしまいます。
結果的に口の中がむし歯菌の無法地帯になるのです。
ですから、削るリスクを少しでも減らすように早めに歯医者さんに行くことが大事なんです。
この一歩が1本でも多く歯を残すための勇気ある行動なんです。

傷ついた歯は戻らないのです

毎日何気なく使っている「歯」ですが、こちらは先ほども言いましたが再生はしないのです。
つまり、毎日のケアが大事なんですね。
ちゃんと歯磨きしていますか?
私は、会社や学校に行っても誰も食事のあと歯磨きをしていなかったので、自分だけ歯磨きをするのは恥ずかしいと歯磨きをしませんでした。
今では奥歯はほとんどないんですね。
残った前歯もこの前、痛みが走りました。
ご飯を食べることがつらい時もあります。

恥ずかしいとか言っていないでしっかり歯磨きをしておけばよかったと後悔しています。
でも、どんなに後悔してももう私の歯は戻ってこないんです。
私は老後は入れ歯という選択肢しかないでしょう。
今でもご飯を食べるのがつらい時があるのですから老後はもっと大変なのでしょう。
すごく後悔しています。
やっぱり歯は大切にしないといけないんですね。


この記事をシェアする