高齢者になっても歯をしっかり残すための対策

一生ご飯を美味しく食べるためのこと

老後も美味しくご飯を食べよう

お口のトラブルにむし歯、知覚過敏、歯肉炎、歯周病など様々あります。 これらは主に歯医者さんで治してもらいますよね。 でも、歯医者さんで治してもらったからそれで終わりだと思っていませんか? 歯医者さんが終わってもまだまだ治療は続くんですよ。 その治療というのは日々の歯磨きです。 歯磨きを軽視していませんか?

むし歯、知覚過敏、歯肉炎などトラブルにより歯が抜けてしまう

でも、この「食事」という行動ですが、私たちに生まれついた「歯」があるからできるんですね。

この「歯」ですが、これは皆さんご存知の通り永久に使えるものではないのです。
なにかしらのトラブルでぬけてしまったりしてしまいます。
人間は大体6、7歳ごろになると乳歯が抜けて永久歯が生えてくると言われています。
この永久歯は名前こそずっと続きそうですが、途中でトラブルにより残らないものと考えてもいいと思います。

トラブルというと、代表的なものは虫歯ですよね。
むし歯の主な治療法としては、歯を削ります。
削らないとむし歯菌が繁殖してしまい、他の健康な歯までむし歯になってしまうからです。
こうした治療を行うことで口の中はトラブルから守られています。

この「歯」を守ることの重大さをお伝えしようと思います。
「歯」は「食事」とセットです。
「食事」とは生きることです。
一生涯、生ききるために必要な「歯」です。
先ほども少し書きましたが、いろいろなトラブルに負けてしまうと生き抜くん意必要な「歯」が抜けてしまうのです。

最後まで寿命をまっとうできるように「歯」は大切にしたいですね。
入れ歯なんかもありますが、自分の歯で食べるのとご飯の味の感じ方が違うという声をよく聞きます。
やっぱり、ご飯は美味しく食べたいですからね。
年齢を重ねると食が細くなります。
でも、細くなっても栄養のある美味しいものを食べれたならもっと長生きできるのではないでしょうか。
サプリメントからとる栄養と食事からとる栄養では栄養素が違うと聞きます。
体にいいのはやはり食事からとる栄養でしょう。
そんな質のいい栄養を取るためにも「歯」は老後まで残しておきたいですね。

おすすめリンク

歯を長く保つ方法とは

お口の中と言うのは非常にデリケートで手間をかけてあげなくてはなりません。 日々の歯磨きの他にできることが他にもあるんです。 毎日の習慣からできることとは一体何でしょうか? それをすることにより、今生えている歯が少しでも長く残ってくれます。 このサイトを読んで是非やってみてください。

食事の後のうがいにも意味がある

コーヒーやワインを飲んだ後、柑橘類を食べた後のうがいもとても有効なんだそうです。 これは歯の黄ばみの予防の他にも大切な意味があるんですよ。 特に寝る前が効果的だそうです。 刺激の強いマウスウォッシュが苦手な方はお水で口を漱いでください。 寝る前に口の中を綺麗にすることに意味があるのです。